2019年08月09日

マンション管理士とはどんな人??

それでは、まずマンションの管理に関係した、当時の背景を
見てみよう。

マンション管理適正化法の成立し前にも、区分所有法は存在
しましたから、一応、マンションの管理に関係した、管理組
合の意思を決定する総会ありましたし、実際の建物の管理は
管理組合との契約で管理会社がおこなっていたのは今と変わ
りはありません。

それではなぜ、マンション管理適正化法の成立が必要だった
のでしょうか?

管理を請負う管理会社と管理を委託する管理組合は契約の関
係で成り立っていますから、両者は対等ですね?

少なくとも法律の上では。

けれども、実際の世の中では、頼む側と頼まれる側では、頼
む側がお客さんですから強いはずですね?

ところが、マンションの管理の世界では、管理組合のメンバ
ーの多くは全くの素人です。

一方、管理会社はこの世界の裏も表も知り尽くしたプロです。
逆転するのは時間の問題ですね?

案の定、力関係は逆転して、管理組合は管理会社に事実上支
配され、不正も多発したのです。

その現実を見かねて、国会議員の発案によって、宅地建物取
引業法をモデルにして、マンション管理適正化法案が国会に
提案され、成立したのです。

普通、法案は政府によって作られることが多いのですが、
この法案は議員によって作られたと言うことは、如何に事態
が深刻で、急がねばならなかったことがうかがわれますね?

政府が法案を作るとなれば、宅地建物業法をマネしましたな
んて、みっともないことは言えませんので、時間も掛かるは
ずだからです。

前の投稿と、この投稿に時間が空いてしまいました。実は原
稿として作ってあったのですが、うっかりして、PCに保存す
る前に飛ばしてしまったのです。

そんなわけで遅れました。これがサラリーマンでしたら、同
時に首も飛ぶことかも知れませんね(笑)。お許しを。

次回に続きます。
posted by 橋マンション管理士事務所 | Comment(0) | TrackBack(0) | 法律/判例
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186390424
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック