2019年08月24日

マンション管理士の仕事てどんなもの?

マンション管理士の具体的仕事についてお話ししましょう。

先ず、マンションの問題として一番に挙げられることは、
マンションの憲法と言われる管理規約についてお話しします。

管理規約の雛形となっているものに、国土交通省で作られて
いる標準管理規約というのがあります。

管理規約もそのマンションの中では法律と同等に扱われます
から、その成立過程は立法と同じと言えます。

法学の分野では、法学部の学生が必ず学ぶ法解釈学と余り
法学部では重視されていない立法学とがあります。

管理規約の作成は立法学の分野の議論と言っても問題ないと
思います。

勿論、立法学も法解釈学と無関係でありませんが、ここでは
それには深入りしません。

管理規約の作成には先ず、高度に読む国語力と規制の対象を
余すことなく網羅する文章の作成能力、論理的に文章を構成
する思考力を要求されます。

そんな理由もあって、管理規約の作成には、標準管理規約が
お手本として導入されているのが普通です。

ですから、取り敢えず要求されるのは、ご自身のマンション
の実態に合った管理規約にアレンジする法律に強いマンショ
ン管理士でしょう。

次回に続く
posted by 橋マンション管理士事務所 | Comment(0) | TrackBack(0) | 法律/判例
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186465641
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック