2013年12月06日

ホームページからのご質問の趣旨

そもそも法や規約では管理費を払い戻すことを想定した規定は
どこにもありません。
普通決議で良いとの根拠はどこにあるのでしょうか?
ご教示いただけると有難いのですが。
多くの規約では管理費の余剰は翌年の管理費に充てるとなって
いると思います。

[私の回答]

私は、管理費の払い戻しは、基本的にはできないと考えています。

管理組合は法人ではありません。
しかし判例は登記以外は法人と同等に取り扱うように
判断をしています。

例えば、同総会が集めた会費を、返却するでしょうか?
解散するならともかく、団体として継続する限り、
団体の財産の確保が必用です。

管理組合自身の財産は何かと言いますと
管理費と修繕積立金です。
これは1度区分所有者の意思によって離れています。

駐車場使用料はどうかと言いますと、
正確には管理組合の財産ではありません。
なぜかというと、共有財産から発生した果実は
共有財産です。
鳶が鷹を生むことはありません。

管理費・修繕積立金が組合財産である以上は
それを払い戻すことは処分行為です。
従って、全員の同意が必要と考えます。
(営利法人ではありませんから配当と言うこともないです)
posted by 橋マンション管理士事務所 | Comment(0) | TrackBack(0) | 法律/判例
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81996091
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック